エンタメ

「しろめし修行僧」“ぶりあん”犬飼貴丈の泥酔シーンに反響 「ハートをえぐられた」「かわいい過ぎか」

「しろめし修行僧」“ぶりあん”犬飼貴丈の泥酔シーンに反響 「ハートをえぐられた」「かわいい過ぎか」 画像1

 お笑いトリオ・ハナコの岡部大が主演するドラマ「しろめし修行僧」(テレビ東京系)の第8話が、28日に放送された。

 本作は、寺の息子・米田たくあん(岡部)が、托鉢(たくはつ)で全国行脚修行を行い、各地の“ご飯のお供”と出会う様子を描く。「白飯に合う最高のおかずとは何か」という究極の問いに迫るグルメドラマ。(※以下、ネタバレあり)

 たくあんは、スナックのママ・葉子(菜葉菜)から、娘の円香(村山輝星)の子守りを頼まれる。何とか円香と仲よくなろうとするたくあんだったが、円香は全く心を開いてくれない。

 得意のご飯で距離を縮めようと試みるも、円香がある理由で白飯を食べなくなったことを知る。

 果たしてたくあんは、どんなにおいしいおかずを乗せても見向きもしない円香の心を開く“ご飯のお供”を見付けることができるのか?

 放送終了後、SNS上には、「円香ちゃんの笑顔と悲しげな泣き顔に泣かされた」「たくあんが初めてヒロインにベタぼれされた回。すごい」「円香ちゃんとお父さんがハッピーエンドな結末でよかった」「サケみそバターがおいしそうだった。何というお手軽な飯テロ」などのコメントが投稿された。

 また、たくあんの親友の佐藤ぶりあん(犬飼貴丈)が、リモート飲みをして酒に酔っているシーンに反響が集まった。

 「酔っ払いぶりあんの破壊力。ろれつが回っていなくてかわいい」「『ぶりあん、飲みまーす!』ってかわいい過ぎか。声に出して笑っちゃった」「ぶりあんくんのシーンをエンドレスに見たい。ハートをえぐられた」「つまみのフォアグラもおいしそうだけど、ぶりあんが一番芳醇(ほうじゅん)だわ」といった反響が集まった。

第8話のワンシーン (C)「しろめし修行僧」製作委員会