エンタメ

中村倫也、向井理の自宅に遊びに行った思い出を披露 「あの向井理が生田のロフト付き、6畳みたいなね」

中村倫也、向井理の自宅に遊びに行った思い出を披露 「あの向井理が生田のロフト付き、6畳みたいなね」 画像1

 ゲキ×シネ「狐晴明九尾狩」の舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の中村倫也、吉岡里帆、向井理が登場した。

 本作は、2021年の秋に上演した「劇団☆新感線」の同名舞台を映像化。平安時代の京の都で宮廷に陰陽師として仕えた安倍晴明の伝説に、アクション・歌・ダンス・笑いなどのスパイスを加えた伝奇時代劇。

 主人公の晴明を演じた中村は「舞台を見られなかった人も、この映像を見れば、より細かいところまで楽しめるようになっています。見て損はない作品になっています」とアピールした。

 陰陽師宗家の跡取り・賀茂利風を演じた向井は「僕の役は、最初は不穏な感じで始まって、だんだん変化していく流れが一番気を使ったところです。声色やテンポだったり、微妙なところを映像でご覧になっていただければ」と話した。

 また、中村と向井が初共演時の思い出を語る一幕もあった。

 向井が「倫也が10代のときに(初共演した)」と話すと、中村も「向井理という名前が(世に)出る全然前で、お互いに丸刈りで特攻兵の役で…」と当時を回顧。

 向井が当時の中村について、「変わっていないです。甘えてくるところは変わっていないし、そのときから生意気でしたよ」と笑顔で明かすと、中村も「当時の理っちの家にみんなで遊びに行って、ゲームをやって。あの向井理が生田のロフト付き、6畳みたいなね」と思い出を披露した。

 向井は、当時の自宅について「僕は大学が生田だったので、学生時代からそのまま住んでいて、バーでバイトをしていたときです。15年ぐらい前」と振り返った。

(左から)吉岡里帆、中村倫也、向井理 (C)エンタメOVO