エンタメ

高橋大輔「精いっぱい堂々と…」 ダンサーデビューに向けて奮闘中!

高橋大輔「精いっぱい堂々と…」 ダンサーデビューに向けて奮闘中! 画像1

 ダンスショー「ラヴ・オン・ザ・フロア」の稽古場取材会が21日、神奈川県川崎市で行われ、ゲストダンサーとして出演するフィギュアスケーターの高橋大輔が囲み取材に応じた。

 本作は「ときめき」「情熱」「戸惑い」「嫉妬」といった愛という感情が持つさまざまな面をテーマに、米国の人気ダンサー、シェリル・バークが構成と主演を務めるダンスショー。

 本作で“ダンサーデビュー”を果たす高橋は「フロア上でスケート靴を脱いで人前に出るというのは初めてのこと。やっぱり畑が違うので、スケートと比べたらなかなかうまくはいかないけれど、これも一つの挑戦だと思って本番までに何とか作り上げられたら」と笑顔で意気込みを語った。

 この日、稽古場でダンサーたちと共に舞台のワンシーンを公開した高橋。堂々としたパフォーマンスが報道陣には好評を得たが、「(ダンスは)全然慣れていないし、自信もない」と苦笑い。「ただ、堂々とやらないとおかしなことになってしまうので、精いっぱい堂々と(見えるように)やっている。ちょっとずつ良くはなっているけど、自分の思い描いている動きにたどり着くのは大変」とし「鏡を見ながら自分はプロの動きと“何が違うんだろう?”と思いながら毎回やっている」と控えめに語った。

 そんな高橋について、構成を務めるシェリルは「アメージング! 大輔の場合、感情的な表現というのが特に素晴らしい」と絶賛。高橋は恐縮しつつも、「僕がいつも自信なさそうにやっているからか、仲間のダンサーたちは『すごくいい』『何も心配いらない』と言っていつも励ましてくれます」と語り、苦笑いを浮かべた。

 一方、小塚崇彦氏の結婚、鈴木明子さんの婚約など、スケート界で同時代に活躍した仲間のおめでたい話題が続いている。「プライベートでズバリ恋はしている?」と尋ねられた高橋は、「毎日していますよ」と宣言したものの、「ダンサーの皆さんに…です。もう男性、女性限らずすてきだなと思って」とニヤリ。しかし、微妙な空気を察知するとすかさず「うそです。恋はしていないです。今はダンスに集中しています」と笑って訂正した。

 今後、新たに挑戦してみたいこととしては、「声優」と答えた高橋。ジャンルについては「アニメが好きなんです」としつつ、「(自分に)できるとは思っていないです。やらないですけど、今聞かれたので答えただけです」と語り、はにかんだ。

 舞台は30日~7月9日、都内、東急シアターオーブで上演。