エンタメ

向井理、主演作公開も不安を吐露 「僕もまだ完全には理解できていません」

向井理、主演作公開も不安を吐露 「僕もまだ完全には理解できていません」 画像1

 映画『RANMARU 神の舌を持つ男~(中略)~鬼灯デスロード編』の公開初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の向井理、木村文乃、佐藤二朗、木村多江、財前直見、黒谷友香、永瀬匡、堤幸彦監督が出席した。

 ドラマシリーズを経て完成した本作は、伝説の浴場従業員の孫・朝永蘭丸(向井)が放浪の旅の末、たどり着いた温泉郷を舞台に事件を解決していくという、堤監督が20年来温めてきた温泉ギャグミステリー。

 向井は、最初のあいさつで「(皆さん)理解できましたでしょうか…? 僕もまだ完全には理解できていません」と明かした。

 佐藤が「実はドッキリなんじゃないかと思っている」と怪しめば、向井も「“本当に映画化されるのかな”という思いはありました」と苦笑しつつ、「こうして(映画化は)本当だったんだと思うと、感慨深いものがあります」と喜びを口にした。

 堤監督も「僕の思いの丈を全部ぶつけちゃった作品。ちょっとでも面白いんじゃないかなと思ったら、『意外といけるよ』と知り合いに口コミを広げていただけたら」と自虐交じりにアピールした。

 ドラマを含め、長期間にわたり本作に携わってきた向井は、改めて「大変でした。朝6時にふんどし一丁で、チャリンコで走るというのは金輪際ないでしょう。濃厚な9カ月でした」と苦笑した。

 これに対して佐藤は「向井さんは締まった体ですからいいですけど。僕は毎週、毎週、怠惰な肉体を全国にさらしたんですから」と嘆いた。

 向井から「熟れた果実」とちゃかされた佐藤は「あるいは“わがままボディー”?」と冗談めかしつつ、「そういう意味では、俺もこれだけ人に体をさらすのは最後だと思う」と振り返った。

 一方、堤監督の社会派サスペンス映画『天空の蜂』(2015年)にも出演した永瀬は、あまりのテイストの違いに「監督は、本当に同じ人なのかな?と思った」と戸惑いを告白。これには堤監督も「あっちはB(面)。こっちがA(面)」と応じて笑いを誘った。

(左から)堤幸彦監督、財前直見、佐藤二朗、向井理、木村文乃、木村多江、黒谷友香、永瀬匡
(左から)堤幸彦監督、財前直見、佐藤二朗、向井理、木村文乃、木村多江、黒谷友香、永瀬匡