エンタメ

鈴木亮平、初の“熱血先生”役! CM撮影で唐揚げ40個を完食

鈴木亮平、初の“熱血先生”役! CM撮影で唐揚げ40個を完食 画像1

 「新発売 ニチレイ『特から』CM発表会」が9日に東京都内で行われ、CMキャラクターに起用された俳優の鈴木亮平が出席した。

 冷凍食品「特から」はゴツゴツした見栄えと鶏肉のジューシーなおいしさが特徴的な鶏の唐揚げ。CMでは鈴木が“特から先生”に扮し、生徒たちに特からのおいしさを熱血指導する。

 鈴木は「子供のころから唐揚げが大好きなのでうれしかったです」とCM出演に大喜び。鈴木といえば徹底的な役作りで有名だが、今回は熱血イメージの強い俳優の山下真司と元テニスプレイヤーの松岡修造を意識したそうで、CMがお披露目されると「ただ暑苦しくて苦手だなと言われる先生にはしたくなくて、ああいう先生がいたらいいなと思えるように演じたので、きちんと熱さが出ていて良かったと思います」と安堵の表情。また、撮影本番で初めて特からを食べたため、素のリアクションが映っていることもアピールした。

 さらに、MCから鈴木が撮影中に食べた唐揚げの数が40個と伝えられ、同量がお皿に乗って運ばれると、最初「20個以上」と予想していた鈴木は、「食べ盛りの10代の時でもこんなに食べなかったでしょうね」とそのボリュームに驚くことしきり。しかし、「何個食べても飽きない味ですね」と話すと、この日は大盛りご飯と一緒に特からをパクパクとなんともおいしそうに頬張った。

nichirei1_008_R