エンタメ

岡田准一、高倉健とイメージを重ねられ恐縮 「背中を追い掛けて精進していけたら」

岡田准一、高倉健とイメージを重ねられ恐縮 「背中を追い掛けて精進していけたら」 画像1

 映画『追憶』の完成披露会見が4日、東京都内で行われ、出演者の岡田准一、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、安藤サクラ、吉岡秀隆、降旗康男監督、撮影の木村大作氏が登壇した。

 本作は、監督・降旗康男×撮影・木村大作の黄金コンビが9年ぶりにタッグを組んで贈るヒューマンミステリー。一つの殺人事件をきっかけに、刑事(岡田)、容疑者(小栗)、被害者(柄本)という形で再会を果たした3人。それぞれが家族を持ち、歩んできた人生が再び交差し、運命の歯車が回り始める。

 これまで時代を代表する多くの映画俳優を撮り続けてきた降旗監督は、岡田について「高倉健を継ぐような俳優さんになっていただけたらいいなと思って仕事をしていました」と告白。「どうか、これからもそんな気持ちを思い起こして(役者をやって)いっていただけたらありがたい」と呼び掛けた。

 これに対して岡田は「健さんというのは特別な存在で、唯一無二の方。僕が健さんになれるとは全く思っていないし、比べていただくのも恐縮してしまう」と謙遜しながらも、「自分にとってはすごく大きな方ですので、健さんの背中を追い掛けて今後も精進していけたら、人間を映してこられた健さんと、1ミリでも近いことができるように年を重ねていけたらと願っている最中です」と言葉に力を込めた。

 また岡田は「健さんと実際にお会いしたことはないが、役者としての助言などを、人を通して伝えていただいたことがある」と明かした。

 「どういう部分が健さんに通じるのか?」と尋ねられた降旗監督は「斜め後ろからの姿ですね。背は健さんのほうが高いんだけど、一人の人間の姿としては同じような中身、同じような人生を背負って生きている感じがします」とコメント。

 木村氏も「斜め45度ですよ。健さんというのは基本的には(相手の芝居を)受けて立つ俳優さん。周りにしゃべらせて、自分は黙っているけど、後ろ姿一つで全てを感じさせる。なんぼでも(絵として)持つ。そういうものを岡田さんに感じています」と評した。

 映画は5月6日から全国東宝系でロードショー。