エンタメ

菅田将暉“ノリノリな大学生”を演じる 「無駄遣いという言葉は大好き」

菅田将暉“ノリノリな大学生”を演じる 「無駄遣いという言葉は大好き」 画像1

 コカ・コーラは、フルーツ炭酸飲料「ファンタ」ブランドから17日に発売される「ファンタ」みんなのキャラボトルの新CM「ファンタ みんなのキャラボトル」篇を18日から全国放映する。CMに登場する“ノリノリの大学生”に菅田将暉を起用。皆のキャラボトルを使って仲間をキャラ付けする菅田の演技に注目だ。

 今回のCMでは今までの「ファンタ」CMシリーズの中で最も等身大に近い大学生を演じた菅田。みんなでキャラボトルを持って自撮りをするシーンでは「自撮りは普段あまりしない」という菅田がスマホをもって撮影。おのおのの座っている位置を確認しながら何度も調整。撮影した写真を皆で見ていると、「#ボケ担当」とキャラ付けされた友人役に対し、「顔がでかい」と突っ込む場面もあり、和やかな雰囲気で撮影を終えた。

 撮影後のインタビューで「#イケメンの無駄遣い」と言われたことについて菅田は「『イケメン』ということに対しては自分からコメントのしようがないですが(笑)、『無駄遣い』という言葉は大好き。演技の上手な俳優さんにうそをつかれると、そのうそを信じちゃって『それ演技力の無駄遣いですよ』とよく言っていました」とコメントした。

 また、無駄遣いをしているものはあるか問われると「洋服ですかね、僕は無駄だとは思っていないですけど。たまに服が床に積もって、服の山の高さがベッドよりも高かったりすると、これは無駄なのかなってふと思うことはあります。でも買った服はちゃんと着ています。それで1、2年ぐらいのスパンで菅田バザーを開いて後輩や友達、弟に服をあげます」と語った。

 実際に「自分自身にキャラボトルを選ぶとしたら何がいいか」という質問には、「僕、超インドアなのであえて『#パーリーピーポー』を付けたいです。あとは『#雑学王』も憧れるし、全然割れていないのに『#キレッキレ腹筋自慢』もしたいです。『#何か持ってる』もうれしいですね、年上の男性や先輩に『何か持ってるわ』って言われたいです。実際にボトルを持って自撮りするとテンション上がりますよね」と、実際の姿とは反対のキャラボトルを選ぶというおちゃめな一面を見せた。