エンタメ

菅田将暉主演『帝一の國』が「ファンタ」キャラボトルとコラボ 赤場帝一が物語の世界観そのままに登場人物を紹介

菅田将暉主演『帝一の國』が「ファンタ」キャラボトルとコラボ 赤場帝一が物語の世界観そのままに登場人物を紹介 画像1

 菅田将暉が主演する映画『帝一の國』とフルーツ炭酸飲料「ファンタ」みんなのキャラボトルがコラボーレーションし、タイアップCM「『ファンタ』みんなのキャラボトル meets『帝一の國』」が21日に公式サイトで公開された。

 「みんなのキャラボトル」は、全100種類ものキャラネームに、サングラスや王冠といった自撮りしたくなるデザインが施されたボトル。今回のコラボではTVCM「ファンタ みんなのキャラボトル」篇にも出演する菅田が、映画の主人公・赤場帝一として、登場人物の東郷菊馬(野村周平)、大鷹弾(竹内涼真)、氷室ローランド(間宮祥太朗)をボトルを使って紹介していく。

 菅田は「なかなかこんなに楽しい企画はないですね。映画『帝一の國』も“キャラクター祭り”みたいなところがあるので、まさにぴったり。これ以上ないコラボだなと思いました」と満足げに振り返り、CM内では描かれない帝一に当てはまるキャラボトルには「常に自信満々で総理大臣を目指しているくらいなので」と『#ドヤ顔日本代表』を挙げた。

 また、キャラクターではない俳優の素に迫るそれぞれのキャラボトルを問われると、『#イケメンの無駄遣い』に間宮、『#イケメンかよ』に竹内を当てはめ、野村については「周平は『#パワフル野生児』。彼は絶滅危惧種みたいなところがあって、恐竜だと思っています」と笑わせた。