SDGs

ファッションもサステイナブルに! 桜廃材を使ったサマンサタバサのトートバッグ

img_198764_1

 ファッションに、見た目はもちろん大事。でもこれからは、ファッションにおいても地球のためにできることを一人ひとりが実現する時代。Samantha Thavasa(サマンサタバサ)は、「Sustainable ST / Samantha Thavasa」コレクションからドイツの森の桜廃材を使用した「Sustainable STトートバッグ」を発売した。

 Sustainable STのコンセプトは、“出来る事を一つずつ。 ひとりひとりが実現する 美しい明日の為に。”。Sustainable STトートバッグでは、本革の代わりに桜廃材を使った木材を使用。木材を極薄のべニア板状にした後、特殊レーザー加工をすることで本革同様の滑らかな素材に仕上げている。また、接着剤にも自然成分を使い、動物由来の原料は一切使用していない。素材に木材を使うことで、動物性の本革を使った生産工程と比べ、二酸化炭素の排出量を1㎡当たり63%以上削減できるという。渋谷PARCO店で先行発売し、その他の店舗では12月中旬以降、随時発売する。サイズはH28×W40×14cm。税込み3万5,200円。