ファッション

文化をつむいで新しいものへ 銘仙で過ごすワードローブ

銘仙を部分使いし、家の中も外でも楽しめるデザイン

 街で着物を着ている人を見かけると、ついつい目で追ってしまうものの、自分で着るとなるとなかなか手が出ない。シルク100%の上質な絹織物を日常的に着こなしていた時代は過ぎ、今や日本の伝統的な織物産業は縮小の一途をたどっているという。そんな中アパレル製造・販売のAy(前橋市)では、絹織物の「銘仙」をアップサイクルし、日常的に楽しめる商品のクラウドファンディングを開始した。

 銘仙とは、大正から昭和初期にかけて生産された絹織物。銘仙で作られた、鮮やかでビビットな色合いの着物は、日本の女性たちの普段着やおしゃれ着として愛されてきた。現在は職人の高齢化、市場の縮小により生産が困難な状況とされている。Ayではこの銘仙を部分使いした、全く新しい商品としてアップサイクルした。

羽織りローブ(定価26,000円→クラウドファンディング価格22,000円)

 着物の羽織からインスピレーションを受けたローブ(定価・税込み26,000円)は、襟元から前身ごろにかけて銘仙を使ってアクセントに。ユニセックスなので男女問わず着用でき、普段の服の上に羽織れば、屋内外のどちらでもゆったりとコーディネートを楽しむことができる。

2wayベストワンピース(定価28,000円→クラウドファンディング価格24,000円)

 2wayベストワンピース(定価・同28,000円)は、銘仙を使用したシャツベストと、アイボリーのワンピースが一体になったスモックワンピース。ふんわりしたデザインのワンピースにはスリットが入っており、ちょうどよく全体に動きを与えるデザインになっている。

 その他にもシルクパンツやバッグ、ポーチなどを用意。すべてビンテージ着物から作られているため、柄はすべて一期一会。また、絹織物だとお手入れが心配、という人もいるかもしれないが、ドライクリーニングで洗濯が可能だという。すでに予約分完売になっている柄もあるため、チェックの際はお早めに。