ファッション

実は“思い込みサイズ”!? パンプス選びの新基準「マイサイズ」提案

マイサイズスタジオ 大阪タカシマヤ

 靴選びって難しい。例えば「私の足は24cm」と分かっていても、メーカーによってサイズは微妙に異なることも。足は立体なのでサイズの数値だけでなく、足入れ感、ホールド感、ゆとり感などの感覚値も大事な要素だという。そこで登場したのが、これまでメーカーごとにバラバラだったサイズを統一した企画で数値化した「マイサイズ」。全日本革靴工業協同組合連合会は、婦人靴売場から自分の足に“しっくり”くる履き心地のパンプスに出会うための新しい靴選びの規格「マイサイズ」を体感してもらおうと、POP UPイベントを開催する。

MYSIZE studio POP UP

 一般的に靴のサイズは「~cm」という足長で表示されているが、実は履き心地に大きく影響するのは足幅なのだという。甲の部分が開いたパンプスでは、幅の合う靴でしっかり足をホールドする必要がある。そのためブランドやデザインによって足に合うサイズが異なることもあり、「思い込みサイズ」の靴選びは失敗のもとだという。

 「マイサイズ」の靴探しのステップは簡単。まずは計測器で、足の長さ・足幅を計測。次に計測用のスケールサンプル(ローヒールとハイヒール各40サイズを準備)を試し履きして足の幅を知り、数値だけでは分からない締め付け具合を見つけることで、マイサイズの計測完了。検索padで自分の「マイサイズ」を選択すれば、靴売場の中にある自分のサイズに合う靴がリストアップされるので、気に入った靴をプリントアウト。売場で試着ができる。

 たくさんの靴から自分の足に合うものを探すのではなく、「マイサイズ」に合う靴の中から選ぶという靴との新しい出会い方を体験してみよう!

 「MYSIZE studio POP UPイベント」の会場と期間は以下の通り。

●3月10日(水)~3月30日(火)

新宿タカシマヤ 2F 婦人靴売場

●3月16日(火)~常設予定

そごう横浜店 地下1階=婦人靴売場

●4月2日(金)~4月13日(火)

京都タカシマヤ 1F婦人靴売場