ファッション

猫助けができるバッグ 完全受注生産の水玉柄が新登場

main

 収益が野良猫の保護活動や里親探しなどに使われる「NECOREPA/」ブランド(ネコリパブリック・東京)の猫型バッグ「NECO BASKET」。このほど、水玉柄の「DOT NECO BASKET(水玉ネコバスケット)」が新登場し、オンラインショップで予約販売を9月30日23時59分まで受け付けている。

sub15

 コロンとしたかわいい猫型フォルムで、フォーマルな場にもちょっとしたお出かけにも、さまざまなシーンでファッションのワンポイントになるバッグ。使うほどに革がなじみ柔らかな手触りになり、色合いも変化する。オーダーを受けた分のみ、岐阜県にある革工房で熟練の革職人が手作業で作り上げているので、一つ一つ異なる表情を持つ。新登場の水玉ネコバスケットは、オンライン予約限定で、完全受注生産の限定モデル。カラーは「三毛」「ブリティッシュショートヘアーグレー」「黒ぶち」「茶トラ」の4種類。先着100人に、人気の「だっこ猫キーホルダー」の水玉三毛猫柄がプレゼントされる。

sub18

 ネコリパブリックでは、物販の収益を活用し、保健所に持ち込まれた殺処分対象になる大人猫や高齢猫など、直接引き出し、初期医療をかけ、新しい家族を探す活動を行っている。また、保健所への持ち込み案件の相談を事前に受け、保健所に持ち込まなくてもいいように多頭飼育崩壊現場のサポートなども行っているという。水玉ネコバスケットの収益も、猫パブリックや保護猫との触れあいや譲渡を目的とした「保護猫カフェ」の運営、保健所から殺処分対象の猫を救う里親探しの活動など、保護猫の命をつなぐために活用される。