グルメ

ふわとろ!究極の“TKG”を作るマシン 日清チキンラーメンとのコラボも

sub2 シンプルでたまに無性に食べたくなる“TKG”こと卵かけごはん。タカラトミーアーツ(東京)は、卵の白身の部分だけをかき混ぜてメレンゲ状のふわとろに仕上げるマシン「究極のTKG(たまごかけごはん)」(税別3,500円)を、10月26日に発売する。

sub3 セットした生卵は、卵割り機能によって割ることができ、白身分離機能で黄身だけが下部のトレーに落下。ボタンを押すと、白身だけが高速でかき混ぜ開始。出来上がったふわとろ白身をごはんに乗せてから黄身を真ん中にのせれば、“究極のTKG”が出来上がる。かき混ぜる時間を変えると白身の食感の変化を楽しめ、同社では「なめ茸&しらすTKG」や「とびっこ&きざみのりTKG」などのバリエーションも提案している。庶民的なTKGが、ちょっとしたごちそうになりそうだ。

main また、「究極のTKG」の開発に際して卵かけごはんを食べ過ぎた同社の企画担当者が、ごはん以外のものに挑戦した結果、日清食品の「チキンラーメン」とのコラボレーションを実現。対象商品を購入して応募すると5,000人にオリジナル仕様の「究極のTKG」が当たる「メレンゲしろたまメーカープレゼントキャンペーン」を11月1日から来年1月31日まで実施する。「チキンラーメン」のキャラクター“ひよこちゃん” をモチーフにした「究極のTKG」は、見ると欲しくなるかわいさ。ふわとろの“TKG”(たまごかけごはん)だけでなく、ふわとろの“TKC”(たまごかけチキンラーメン)を楽しむのもいいかも。