グルメ

トランプ家の“勝利”のワイン!? アメリカでも入手困難な2本を発売

img_142280_1 日本を訪問中のトランプ米大統領。ホテルを経営していることは有名だが、アメリカ・バージニア州にはトランプ家が所有するワイナリーもある。GT(東京)は、本国アメリカでもなかなか手に入れることができない、その“トランプワイン”2種類を発売した。「トランプ・ワイナリー」のあるバージニア州シャーロッドビルは、建国の父として知られるトーマス・ジェファーソン第3代米大統領の生誕の地。熱烈なワイン愛好家だったジェファーソン大統領が、ヨーロッパからブドウの苗木を取り寄せ作らせたのがバージニアワインの始まりとされている。

 今回登場するトランプ・ワイナリーの「シャルドネ2016」と「カベルネ・ソーヴィニヨン2015」(ともに税別9,500円)は、日本で初めて販売されるバージニアワインとなる。通常はトランプホテルと直営レストランのみで提供しているワインで、アメリカでもその入手は困難だ。ソーヴィニヨンは、プラム・ブラックベリー・タフィーなどの香りが楽しめるフルボディの赤ワイン。シャルドネは一部“たる”熟成を行い、バタースカッチとスパイスの微妙なノートを持つ、複雑さを高めたボディが特長の白ワインだ。「TRUMP」と書かれたラベルも目を引く。