グルメ

アメリカ人が道場破り? 日本酒に魅せられ来日

 世界中で人気が高まっている日本酒。アメリカの日本酒酒蔵「サケ・クラフト・ブリュワリー」の経営者が 本場の酒造りを学ぶべく来日。12月7日から飛騨の渡辺酒造店(岐阜)で蔵人(くらびと)として研修することになった。img_144742_2

 “インターン”としてやってくるのは、米ミネソタ州のBlake Richardson(ブレイク・リチャードソン)さん(47)。醸造学を学んで酒蔵を立ち上げ、併設する飲食店「moto-i Ramen and Sake House」の経営や、ビール製造所、バーなど数多くの事業を手掛けるほか、自社精米機を導入し、精米業者としての事業も開始している。今回の研修は、日本の酒蔵で蔵人として活躍しているアメリカ人、ダリル・コディ氏の存在を知り、その酒蔵で修行に励みたいという想いから。ブレイクさんのお店に興味があったらWEBサイトのHPをのぞいてみよう。ミネアポリスに行く機会があったら立ち寄りたい店の一つだ。img_144742_1