グルメ

幻の果実を使った和のゼリー!五色に込められた四国物語!

幻の果実を使った和のゼリー!五色に込められた四国物語! 画像1

よろスィーツ!
スイーツ芸人のスイーツなかのです。

今回は、春の訪れにぴったりの彩り豊かな和菓子をご紹介します。

ぼくが初めてこの子と出会ったのが、数年前に四国を旅行したとき。知り合いの方から教えて頂いたのが茜庵さんの「ゆうたま」でした。徳島に行くならゆうたまはハズせないよっ!と言われ、そんなに言うならと買ってみました。

ゆうたまは、錦玉と呼ばれるタイプのお菓子です。食べたときのイメージは寒天ゼリーのようなもので、和のゼリーと言ってもいいでしょう。

小分けにされた三角錐型の可愛い包みを開けてみると、中からまぁるい玉のお菓子がころんっと出てきます。「さんかく」から「まる」が生まれる、この一連の過程で、すでに心を掴まれた自分に気付きます。なんてキュートな仕掛けなんだ、と。

まず注目してもらいたいのは、色。

水彩画のような淡いカラーからは、春らしいふんわりとしたやさしさが伝わりますよね。まるで春服をまとった少女のような透明感。これは日本の五節句を表現しており、色に込められたストーリーがまた深みをもたせています。

そして、味。

地元四国の素材を使った、北川柚子、すだち、阿波山桃、梅、ゆこうの5種類。砂糖で包まれたカリッとした外側を入り口に、迎えてくれるのはジューシーな果実たちの味わい。弾けるようなフレッシュ感と心地よいやさしさ。なんとも言えない、幸せな気持ちになるんですよね。産地や生産者など、素材ひとつひとつにこだわりを持って、我が子を育てるかのような愛情で作られているのを感じます。

なかでも白色の「ゆこう」はすごいんですよー。地元徳島県の人たちでも知らない人が多いという、幻の果実とも言われているんです。漢字で書くと「柚香」ということで、柚子系のさっぱりとした風味も兼ね備えた落ち着いた大人の柚子といった感じ。ゆこうを使ったお菓子自体もめずらしいので、そういう話を聞くとより一層贅沢なひと粒と感じますね。

食べながら素材のことを浮かべるとその土地の情景をイメージしたりしていると、勝手にひとり空想旅行しているような気持ちになりますね。贈り物に使う方は、ひとつひとつのゆうたまを食べながら四国旅行してみては?なんてひとこと添えて渡してみるのもいいかも。いま、思い付きました(笑)。

あとは、お客さん招いたときのお茶菓子にもいいですし、華やかな季節の手土産にもぴったり!若者からご年配の方まで幅広い層にウケのいい、万能なゆうたまくんです!

商品名:ゆうたま7個入
販売:茜庵
文:お取り寄せの達人:スイーツなかのさん(スイーツ芸人)

おとりよせネットロゴ

おとりよせネット

おとりよせネットは、日本最大級のお取り寄せの総合情報サイト。「お取り寄せの達人」という食のプロの方々によるオススメのお取り寄せ品や、モニター審査員による口コミ、季節イベントに合わせた特集、全国のグルメやスイーツの人気ランキングなどをご紹介しています。

http://www.otoriyose.net/