グルメ

ポルトガルから400年以上前にやってきた伝統のお菓子

ポルトガルから400年以上前にやってきた伝統のお菓子 画像1

カスドース……。ちょっとカステラに似た名前のお菓子は、長崎、平戸で最古のレシピを400年以上伝え続けている蔦屋さん。

私の中で「ポルトガルから伝わった南蛮菓子」という言葉をきくだけで「間違いなく私が好きな味」だなと思っています。

友人とのカステラ談は尽きることがなく、鶏卵素麺はお取り寄せというものをまだ使いこなしていなかった頃、新入社員なのに先輩方が九州方面に出張したと聞けば、出先に電話をして買ってきてもらうようにお願いした程です。エッグタルトや数年前に流行したハマった半熟生カステラ(パンデロー)もいくつ食べたかわかりません。

もともと卵とお砂糖の組み合わせがたまらなく好きな私。そんな私が以前より名前は知っていて気になっていた「カスドース」にハマらないわけがなく一口食べてトリコになっています。

いろんな説があるようですが、カステラより早くにポルトガルから伝わったのではないかといわれている説があるそうです。

そんなカスドースは、わかりやすくいうと、カステラをさらに卵とお砂糖につけて、まるでフレンチトーストのような甘くて幸せな気持ちになるお菓子です。口の中でジャリっとしたグラニュー糖とジュワっと広がる甘さ、濃厚な卵黄の香りがたまりません。

粗いカステラを一晩乾燥させたところに卵黄を絡めそのあと揚げるのですが油ではなく沸騰させた糖蜜で揚げさらにグラニュー糖をかけたのがカスドースです。その当時貴重だったお砂糖と卵を使っていたため、なかなか一般には知られることがなかったとか。

大変手間のかかるお菓子ですが、今の最先端のスイーツにも引けを取らない「幸せなお菓子」だと私は思っています。

合わせる飲み物は、ホットミルクにミルクティなど、私はミルクとの相性が抜群だと思いますが、日本茶など苦みのあるお茶も相性がいいです。

ひとつひとつ個装されていて、普段のおやつにも、そして目上の方に贈れる使えるしっかりしたパッケージなので、手土産からしっかり贈り物まで使えておすすめです。

何かと手土産や贈り物の増えるこの季節。甘党の方への贈り物にいかがでしょうか?

商品名:平戸蔦屋 カスドース ギフト(15個入)
販売:服部幸應のお取り寄せ
文:お取り寄せの達人:aiko*さん(お取り寄せ生活研究家)

おとりよせネットロゴ

おとりよせネット

おとりよせネットは、日本最大級のお取り寄せの総合情報サイト。「お取り寄せの達人」という食のプロの方々によるオススメのお取り寄せ品や、モニター審査員による口コミ、季節イベントに合わせた特集、全国のグルメやスイーツの人気ランキングなどをご紹介しています。

http://www.otoriyose.net/