グルメ

この夏限定!見た目も味もメロン尽くしの特別なアイスケーキ

この夏限定!見た目も味もメロン尽くしの特別なアイスケーキ 画像1

可愛い!と思わず声をあげてしまいそうな、お洒落なデザインのメロンのホールケーキ。「フルール ド メロン」とは、“メロンの花”という意味で、その名のとおり、花形のチョコレート飾りも散りばめられ、グリーンのブーケを思わせる華やかさ。サイドの部分に、メロンの網目模様のデコレーションが施されているのも素敵ですね。

こちらは、最近のトレンドスイーツの一つとして注目されるアイスケーキ。フランス語では「アントルメ・グラッセ」と呼ばれ、ヨーロッパのパティスリーでも一年を通じて大人気です。

そんなアントルメ・グラッセを得意とするパティシエ、江森宏之シェフが、ご自身のお店「メゾン・ジブレー」を神奈川県・中央林間にオープンさせたのは、2017年7月のことでした。

江森シェフは、日本でアントルメ・グラッセをいち早く始めた草分けの店「ベルグの4月」で基礎を学び、フランスの「パティスリー フレッソン」でヨーロッパ流のアントルメ・グラッセのスタイルも体得。さらに、イタリアのジェラートマシンのメーカーが主催するコンテストで優勝したのがきっかけで、ジェラートについても見識を深めることに。そんな経験を活かし、表参道の人気店「GLACIEL(グラッシェル)」でシェフグラシエ・パティシエを務め、イタリアで開催されたジェラートのコンテストに日本代表チームの一員として出場し優勝するなど、氷菓への思い入れは並々ならぬものがあります。

また、江森シェフと言えば、これまで出会った日本各地の農家から届く、旬の果物や野菜などを活かしたケーキや氷菓がスペシャリテ。実際にご自身で畑を訪問されることも度々あります。

この「フルール ド メロン」に使われている静岡県袋井市産の「クラウンメロン」も、江森シェフが出会って感動を受けたフルーツの一つ。「クラウンメロン」とは品種名ではなくブランド名で、マスクメロンの中でも最高級のものだけに冠せられる名称です。上についたT字形の蔓は、1つの木に1個のメロンしかならせず、1個の果実に全栄養を注ぎ込んだことの証。

江森シェフも惚れ込んだクラウンメロンを最大限に活かし、見た目も味もクラウンメロン尽くしのアントルメ・グラッセが誕生しました。2018年夏の新作として登場したもので、いい状態のメロンが手に入る8月末までの期間限定販売ということなので、ぜひお見逃しなく!

その構成は、下に、お酒ながら果実感のあるメロンチェロが香るバニラのアイスクリーム。その上は、メロンとミルクのさっぱりとしたシャーベット。一番上に小さな球体がぽこぽこと連なったようにのせられているのが、クラウンメロンの爽やかな甘さがストレートに味わえるジェラート。周囲をぐるりと囲むアーモンド生地にも、とメロンのシロップを染み込ませています。

記念日やパーティーなどのお祝いの席にも、特別なギフトとしても、場が華やぐスイーツですね。お子様に喜ばれるのはもちろん、シャンパンやスプマンテなどのスパークリングワインと共にいただくと、シュワシュワした酸味と喉越しと、メロンのみずみずしい甘さとが口の中で一つに融け合い、大人ならではのペアリングが楽しめますよ。

商品名:フルール ド メロン・6号
販売:Maison GIVRÉE(メゾン ジブレー)
文:お取り寄せの達人:平岩理緒さん(スイーツジャーナリスト)

おとりよせネットロゴ

おとりよせネット

おとりよせネットは、日本最大級のお取り寄せの総合情報サイト。「お取り寄せの達人」という食のプロの方々によるオススメのお取り寄せ品や、モニター審査員による口コミ、季節イベントに合わせた特集、全国のグルメやスイーツの人気ランキングなどをご紹介しています。

http://www.otoriyose.net/