グルメ

1日400本売れるあずき食パン 二子マダムも殺到!?

img_163208_1 食パンにあずき、という組み合わせに懐かしさを感じるのは昭和世代かと思いきや、今は「日本人のための新しい食パン」になっているようだ。東京・二子玉川に高級食パン専門店「あずき」がこの夏オープンし、「あずき食パン」は1日400本を売り上げるなど、“二子マダム”に人気とか。

 昔から日本人の舌に慣れ親しんだ食材・あずきと、食パンの組み合わせ。口に入れた瞬間、ほんのりと広がるあずきの風味。かむほどに楽しめるやさしい甘み、もっちりとした食感。新しいのに懐かしい、昔ながらの家族の食卓を思い浮かべるパンだ。img_163208_5

 焼き上げの前日、小麦に大量の熱湯を加え丁寧に練りあげ、じっくり一晩寝かせるのがポイント。あずきは、収穫量が少ないという小粒の「北海道産小豆」を100%使用。食パンの柔らかさを演出するヨーグルトや、天然の甘みと上品なコク、深みを引き立て、もっちり食感を演出するマスカルポーネなど、素材にもこだわった。

 あずき食パンは、1.5斤・1,200円、1枚切り・250円、2枚切り・500円、3枚切り・700円(すべて税込)。