グルメ

甘くない、大人のジンジャー 「ストロングゼロ」に期間限定で登場

ビタージンジャー写真 どこか懐かしく、ちょっぴり辛口のジンジャー風味の飲み物。昔からジンジャーを使ったアルコール飲料は定番のひとつだ。食事に合う缶チューハイとして人気の「-196℃ストロングゼロ」(サントリースピリッツ・東京) から、「-196℃ストロングゼロ<ビタージンジャー>」(350ml・税別141円、500ml・同191円)が、期間限定で発売された。

 -196℃で果実をまるごと瞬間凍結させる「-196℃製法」で引き出したレモンピール浸漬酒のほろ苦さと、辛口ジンジャーの味わいを合わせ、「ビター」にこだわった甘くないジンジャーテイストを実現した。アルコール度数9%で、飲みごたえもしっかり。緑のグラデーションとゴールドを基調にしたパッケージは、 “甘くない”と“限定大人のジンジャー”の文字を入れ、ピリリとした味わいのイメージを強調している。