グルメ

お寿司だが素材は“肉”! 松坂牛を味わい尽くす「おにくのおすし」

img_167482_1 京都を中心に松阪牛1頭を丸ごと楽しめる焼肉店などを展開するWHAT’Sグループが、寿司(すし)店をオープンする。でも使うのは魚ではなく“肉”。10月7日(日)にオープンするのが、松坂牛のうまみを“寿司”で味わい尽くす肉寿司の専門店「おにくのおすし 京都祇園店」。お皿に乗っている食事は、一見普通のお寿司のように見えるが、使っているのは赤身肉や霜降りの炙り(あぶり)、素材にこだわった西京味噌漬けなど。「おにく」と「おすし」を掛け合わせた、極上の寿司を提供する。メニューは、「おすすめ肉寿司6貫」(税別4,800円)や「牛鮮丼」(同1,980円)など。ステーキとは違った肉のうまみを堪能しよう。

img_167482_3 img_167482_2

「おにくのおすし 京都祇園店」

京都市東山区西之町216-2 大西ビルII B1

TEL:075-551-9299

営業時間:ランチ11:29~14:00(L.O.13:30) ※10月13日(土)ランチ営業開始、ディナー17:00~21:30(L.O.20:30)

定休日:火曜日、第2・第4月曜日