グルメ

首都生まれのイチゴ 「東京おひさまベリー」誕生

東京おひさまベリー
東京おひさまベリー

 果肉の中まで赤く、ジャムやコンポートにした時の色合いがきれいだ。試験研究機関、東京都農林総合研究センターが、東京オリジナル品種の一つとしてイチゴの「東京おひさまベリー」を作った。

 従来の露地栽培用品種と比べて糖度が高く、果実のサイズが約1.4倍と大粒。果皮・果肉ともに軟らかすぎず傷みにくいのが特徴だ。苗はこの秋から、都内を中心に全国の農業者等にも販売予定で、収穫されたイチゴは、来年5月頃には買えるようになりそうだ。「東京おひさまベリー」に関するその他の情報については、東京都農林総合研究センターのホームページを参照。