グルメ

上野に「天ぷらとおでんからのSDGsなお店」オープン! キャンペーンも実施

天ぷらとおでんからのSDGsなお店
天ぷらとおでんからのSDGsなお店

 Eat More(東京)は、東京の北の玄関口である上野に「SDGs(持続可能な開発目標)」に取り組む飲食店として同社第1号となる「天ぷらとおでんからのSDGsなお店」をグランドオープンした。

 注目される「SDGs」だが、「飲食店に関わる全ての人たち、お客様も、生産者の皆さんも、流通業者も、誰しもが間接的に『SDGs』に取り組める、そんなお店を作り、少しでも世の中の人たちに関心を持ってもらいたい」──という一念で、今回の居酒屋を作ったという。

 天ぷらとおでんをメインの料理にした理由は、料理をすることの難しさ、オペレーションの難しさをなくし、誰でもできるようなスタイルで、若者や障害者を含む全ての人たちに、働きがいのある人間らしい仕事を提供できないかを考えたから。また、規格外野菜などを使うにも、天ぷらとおでんはピッタリ。さらに、特に今回の場合は「おでん」について、株式会社コークッキングのフードシェアリングサービス「TABETE」を利用し、フードロス削減に取り組む。

 なお、オープンキャンペーンを10月23日(水)~10月25日(金)の期間限定で実施! この期間、対象料理(天ぷらとおでんのいずれか)とドリンクの1人1品を、「おでん」「天ぷら」の“テン”にちなみ、大特価10円で提供する(予約・入店時に要申請。他のフード・ドリンク1オーダー制)。

◎対象料理メニュー
《天ぷら》

カキ・稚アユ・サツマイモ・玉ネギ・紅しょうが・鳥の天ぷら・厚焼き玉子・もち

《おでん》

大根・サトイモ・厚焼き玉子・カキ・イワシ団子・卵・さつま揚げ・糸こんにゃく

◎対象ドリンクメニュー

生ビール・ハイボール・白ワイン・サムライハイボール

プレミアム梅酒ソーダウーロンハイ・ジンジャーエール・コーラ・玉露・烏龍茶