グルメ

今度は“だし”食パン みそ汁や肉じゃがと共に

Dashiオイルの食パン
Dashiオイルの食パン

 最近、食パンの種類が増えている。焼いた時の香ばしさが特別なものから、トーストにしてしまうのがもったいないようなものまで。お値段もこれが食パン?と驚く商品もある。今回ご紹介するのは、和の味覚の代表、だしとのマリアージュ。低温発酵のパイオニア、Signifiant Signifie(シニフェ シニフィアン・東京)の志賀勝栄シェフと、だし専門店「雅結寿」(ボニートジャパン・東京)のコラボ企画、「Dashi食パン」(1本税込み1,296円)が発売された。

sub3

 小麦のうまみとだしの芳醇な香りが広がる和の食パンは、もちっとした食感で口どけが良く、だしの香りにほんのりガーリックの香ばしさが食欲をそそる。みそ汁や肉じゃがなど、和食との相性も抜群だとか。納豆トーストや、つくだ煮をのせたトーストなど、新しい食べ方も紹介されている。和食にしようか、洋食にしようか、と悩んだ朝にもよさそうだ。