グルメ

「村上信夫の“人生はフルコース”」 帝国ホテルで3月15日まで提供

鱸のアーモンドバターロースト ”カフェ・ド・パリ風”
鱸のアーモンドバターロースト ”カフェ・ド・パリ風”

 帝国ホテル東京は、帝国ホテルの初代総料理長を務めた村上信夫氏が、在職中に書き上げた数多くのレシピから選定したメニューを、現代風にアレンジしてフルコース仕立てで提供する「村上信夫の“人生はフルコース”」を開催。トラディショナルダイニング「ラ ブラスリー」で3月15日まで提供している。

 村上氏は1940年に帝国ホテルに入社。戦後ヨーロッパに渡り、パリの名門ホテル「ホテル・リッツ」などで修行し・帰国後の1964年、東京五輪選手村食堂の料理長の一人としてオリンピックを支えた。1969年に49歳で帝国ホテル第11代料理長に就任し、帝国ホテル大阪開業を2年後に控えた1994年からは初代総料理長を務めた。1996年に料理顧問に退いた後も、全国の調理師学校をはじめ多くの後進の指導にあたるなど、2005年にその生涯を終えるまで終生現役を貫き、フランス料理の普及に努めたことで知られる。

 加えて、1960年から9年間、NHK「きょうの料理」に出演して一般家庭にフランス料理を広めたほか、1964年の東京五輪選手村食堂では、全国から集まった料理人に帝国ホテルのレシピを公開し、日本におけるフランス料理の発展に貢献。自身が料理長時代にスタートした食のイベント「村上信夫とフランス料理の夕べ」の開催は 延べ258回に上り、2度同じ料理を提供したことがないという逸話が残るほど、客と料理を愛した人物であったと語り継がれている。

 「村上信夫の“人生はフルコース”」では、村上が生涯を通じて研究を重ね、書き残した膨大なメニューの一部を、現代風にアレンジしてフルコースに仕立てて提供。コースは前菜、スープ、魚料理、肉料理、デザートの計5品を用意している。

「村上信夫の“人生はフルコース”」の概要は次の通り。

場所:帝国ホテル東京 ラ ブラスリー(タワー館地下1階)

期間:2020年1月16日(木)~3月15日(日)

時間・料金:1万3,500円 (消費税込み、サービス料別)

ランチ 11:30~14:30 (L.O.)

ディナー 17:30~21:30 (L.O.)

予約・問い合わせ:ラ ブラスリー TEL.03-3539-8073 (直通)

メニュー:

〈アミューズブーシュ〉

小海老と蟹のカクテル 〈前菜〉

アンディーヴと帆立貝のサラダ オレンジ風味

〈スープ〉

帝国ホテル伝統のコンソメスープにフォワグラのラビオリを浮かべて 〈魚料理〉

鱸のアーモンドバターロースト ”カフェ・ド・パリ風”

〈肉料理〉

鶉のパイ包み焼き ペリグーソース ”スー・ラ・サンドル”

または

国産牛サーロインのステーキとポテトのガレット シャスールソース(+1,500円) 〈デザート〉

苺のバヴァロワ

コーヒー

※食材の都合でメニュー内容等が変更となる場合がある。