グルメ

緑茶愛の詰まったスイーツ3種 静岡県島田市から

main

 お茶どころとして有名な静岡から、「3種の食べる緑茶スイーツ」と7種の緑茶「Shimada Green Ci-Tea 高級ティーバッグ」が、このほど登場した。

 “地球上でもっとも緑茶を愛する街”、静岡県島田市のお菓子屋さんとお茶屋さんが共同で開発した商品。緑茶スイーツは、もなか(8個入り税込み1,285円)、ダックワース(6個入り同1,080円)、ラングドシャ(10枚入り同1,480円)の3種。それぞれ7種の緑茶のうち、浅蒸し×火香強、深蒸し×火香弱、深蒸し×火香強という3種類の茶葉を使い、通常の緑茶製品よりも多量の茶葉を投入することで、より島田市を感じてもらえるように作っているという。ティーバッグは各216円(税込み)。

3種の食べる緑茶スイーツ
3種の食べる緑茶スイーツ
「7種の緑茶・SHIMADA Green Ci-Tea 高級ティーバッグ」
「7種の緑茶・SHIMADA Green Ci-Tea 高級ティーバッグ」

 これらの商品は、トコナツ歩兵団(マイロックチョコレーツ・横浜市)による、全国各地の魅力を再発見する「日本創造おもしろプロジェクト」の第11弾だとしてプロデュースされた。島田市のシティプロモーション「島田市緑茶化計画」の一環。同市内の世界最長の木造歩道橋・蓬莱橋に隣接する「蓬莱橋897.4(やくなし)茶屋」や、他の店舗を周遊しながらスイーツや緑茶を楽しめる。