グルメ

GWの家飲みに! 新潟の蔵元がクラフトビール先行販売

吉乃川初のクラフトビール「摂田屋クラフト」
吉乃川初のクラフトビール「摂田屋クラフト」

 そろそろゴールデンウイークの計画を。家で楽しく過ごす方法はさまざま。最近はオンライン飲み会もだいぶ増えてきたから、まずは飲み物を用意しよう。新潟県長岡市の蔵元、吉乃川初のクラフトビール「摂田屋クラフト」の先行限定販売が始まった。ペールエールとヴァイツェンの2種類だ。

img_210464_3

 創業470年の蔵元が、日本酒と同じ米こうじと敷地内からくみ上げる仕込み水、天下甘露泉を使い、口当たりがすっきりとしたビールを生み出した。ペールエールは、麦芽のコク、ホップ由来のかんきつ系の香りとキリッとした苦味、ヴァイツェンは小麦麦芽を使用し、柔らかな酸味と苦味、酵母が生むフルーティな香りが特徴だ。申込締切は4月21日で、24日から順次発送する。先着順150セットで、330ml各3本の6本入り、4,800円(クール便送料込み/税別)。