グルメ

金沢発の「ヒメネコビール」 ラベルのヒメネコがかわいすぎ!

暑い夏に冷たいビール
暑い夏に冷たいビール

 清流と緑に囲まれた北陸・金沢の地で、女性の意見を取り入れながら金澤麦酒/(金澤ブルワリー・金沢市)が1年越しで開発した「ヒメネコ麦酒」。この商品の販売が、能登の逸品を販売するサイト「NOTOteMA」で始まった。取り扱いはAsian Bridge(東京)。ラベルのかわいすぎるマスコット「ヒメネコ」が目を引く、爽やかで鮮烈な香りの本格派のクラフトビールだ。苦みを抑えた爽やかな味わいは、ビールが苦手な人や女性でも飲みやすい。アルコール度数は5%。

img_219517_3

 金澤麦酒は小規模醸造所ながら、毎回自家培養でビール酵母を新しく立ち上げるこだわりの製造を行っている。その過程で生み出す豊かな香りと深い味わいや、金沢ブランドを感じさせるパッケージなどで、五感で金沢を感じさせる商品づくりをしている。

 「ヒメネコ麦酒3本セット」(2,000円)、「ヒメネコ麦酒6本セット」(4,000円)のほか、ヒメネコ麦酒3本と人気商品のハニードリンク(ユズみつ・梅みつ・レモンみつ各200ml×1本)をセットにした「ヒメネコ麦酒×ハニードリンクセット」(5,000円)もある。価格はすべて税込み、送料別。