グルメ

主役になれるサンドイッチレシピ集 和風からエスニックまで網羅

main

 どうも固定観念から抜け出せず、具材は大体ハムや卵、ツナ、チーズの周辺をうろうろしてしまうサンドイッチ。パンの方も、食パンやバーガーバンズ、ホットドッグ辺りが定番。このバリエーションが増えたら、献立の幅がかなり広がるのに、という人は、『野菜たっぷり具だくさんの主役サンド150』(誠文堂新光社・東京)を参考にしてみよう。価格は税別1,600円。8月7日に発売される。

sub1

 洋風、和風、エスニック、中華・韓国、そしてフルーツサンドの5章立て。野菜や肉、魚をふんだんに使った、具だくさんで栄養満点のレシピたちだ。パンも、食パンやサンドイッチ用パンを使った定番はもちろん、バゲットやベーグル、ロールパン、ホットドッグパン、イングリッシュマフィンなどさまざまに楽しめる。

 「アスパラガスとキャベツのコールスローサンド」といったさっぱり食べられるレシピから、「チキンとアボカドバジルのバゲットサンド」「トマトミネストローネサンド」などボリューミーなレシピまで、朝食やランチタイム、毎日のお弁当作りにも重宝しそうだ。