グルメ

カレーにピッタリの日本酒だって? 大関から「カレーと楽しむ純米酒」

_prw_PI1lg_8220C0kx

 大関(兵庫県西宮市)の「唐揚げと楽しむ大吟醸」 「チーズと楽しむ純米大吟醸」は、手軽に日本酒と料理のマリアージュを楽しめる食マッチシリーズ。これらに続き、「カレーと楽しむ純米酒500mlはこ詰」が9月に発売される。

 今や日本の国民食と言っても過言ではない「カレー」。──「カレーと日本酒って合うの?」と思っている人がたくさんいると思われるが、実はとっても良く合う組み合わせで、このマリアージュを試さないのはもったいない!

 大関では、機械分析・官能評価で独自開発し、日本酒の味わいを表現した「日本酒味わいマップ」に基づき、カレーと相性抜群の日本酒を造った。香辛料と野菜や肉のうまみとコクが合わさった複雑な味わいのルーと、お米のうまみを楽しめる純米酒が合わないわけがない。今回は江崎グリコの監修で、「プレミアム熟カレー(中辛)」の自宅でもプロが煮込んだようなコク、うまみのある味わいのカレーと相性抜群の日本酒に仕上げた。

 カレーのスパイス感をキレのある日本酒がウォッシュし、次の一口もスパイスの香りを新鮮に楽しむことができる。意外だと思っていた組み合わせがクセになる瞬間を体験するかも!

 容量は500ml(はこ)、ランクは純米酒(精米歩合73%)、アルコール度数は13%、参考小売価格は640円(税別)。