グルメ

“のどは健康の入り口” 産官学から生まれた龍角散の「桔梗タブレット」

sub2

 桔梗(ききょう)と聞くと多くの人が鑑賞用の花を思い浮かべるだろうが、実は秋の七草のひとつで、昔からのどによいとされているハーブでもある。残暑が厳しい季節ではあるが、今年は例年以上にインフルエンザやかぜを警戒している人も多いのでは? のどの乾燥は病気にかかるリスクを高める可能性がある。今年は早めに“のど対策”を行ってみよう。龍角散(東京)は、産学官連携から生まれた「龍角散ののどすっきり桔梗タブレット 抹茶ハーブ味」を9月14日(月)に発売する。

sub3

 新商品の開発に関わったのは、ハーブを栽培している秋田県美郷町などの自治体と、長崎大学感染分子薬学研究室発のベンチャー企業「AVSS」。小豆とお茶に含まれる複数の健康成分を「AVSS」と名付け、新商品ではAVSSの成分としてポリフェノールやオリゴ糖を使用している。龍角散のタブレットシリーズは飴(あめ)シリーズよりも小粒で、いつでも手軽にのどケアができるというのがコンセプトだ。桔梗パウダー・抹茶・小豆エキス入り。希望小売価格は税別200円。