グルメ

有名パティシエたちの新作次々! 10月9日はマカロンの日

sub7

 ヨーロッパで中世からの長い歴史を持つお菓子「マカロン」。さまざまな地域や素材でバリエーション豊かなマカロンが作られている。全日本マカロン協会(東京)は10月9日を「マカロンの日」として新作発表イベントを開催しており、今年もイベント参加各店のパティシエたちがこの日の記念限定マカロンの販売を始めた。参加各店の一覧はサイトから

 横浜市の「べルグの4月」が販売するのは、マカロンで栗のフォルムを再現した「マカロン栗拾い」。中のクリームは、カルピスバターとマロンペーストを合わせ、ラズベリージャムを加えている。東京・世田谷の「リョウラ」からは、「フォレノワール」。最高級のブラックチョコレート「グアナラ」と「マンジャリ」をブレンドしたガナッシュの中に、サクランボのキルシュ漬けと軽くソテーしたサクランボをサンドしている。

 同協会は、国内でアマチュアを対象とした「全日本マカロンコンクール」を開催するほか、2010年からフランスで開催されている「アマチュア・マカロンコンクール世界大会」も主催している。今年のコンクールは新型コロナウイルスの影響で中止になったが、「このような状況だからこそマカロンを通して幸せな気分を味わってもらいたい」とパティシエシェフが願いを込めた『マカロンの日』イベントの開催となった。