グルメ

【今日のおやつレシピ】 バターのコクで濃厚な味わいになる柿タルト

柿のタルト

 柿はアジアの果物だが、最近は海外の青果市場でも手に入るようになった。たとえばフランスでも“kaki”という名前でマルシェに並ぶ。日本人の筆者は、もともと柿は生で食べることが多かったが、フランス人の知人に「バターでソテーした柿をタルトにすると濃厚な味なのよ」と教えてもらい、ハマったレシピがこれ。フィリングが濃厚な分、生地は甘味を加えないブリゼ生地。グランマニエ(オレンジのリキュール)やカルバドスなど、ソテーに使う酒類も好みで選んで毎回違った風味を楽しめる。

【材料】(直径22センチのタルト型の場合)

(ブリゼ生地)

・小麦粉 150g

・バター 75g

・水 半カップ

・塩 ひとつまみ

(フィリング)

・柿 6~7個

・バター 60g

・グラニュー糖 50g

・はちみつ 50g

・レモン汁 40g

・カルバドス、グランマニエなど 20㏄

・丁子 2個

・シナモンパウダー 少々

・アーモンドスライス

【作り方】

① ブリゼ生地を作る。小麦粉とバター、塩をボールに入れて手でボロボロにするように混ぜ、水を少しずつ加えてひとまとまりにし(フードプロセッサーでも可)、ラップで包んで冷蔵庫で休ませる。

② フィリングを作る。柿の皮をむいて種を除いて薄切りにし、大きめのフライパンにバターを溶かして静かに柿のスライスをソテーする。グラニュー糖、はちみつ、レモン汁、カルバドスなどの酒類を加え、丁子、シナモンを加えてしばらく煮る。

③ ①の生地をタルト型に広げてピケ(フォークなどで小さな空気穴をいくつか空ける)、②のフィリングを丁寧に並べる。

④ アーモンドスライスを散らし、150度のオーブンで約15分焼く。