グルメ

アイスにもアートを ハーゲンダッツから限定アートパッケージが登場

0542736_01

 仕事や勉強を頑張ったご褒美に、ちょっと高めなアイスクリームを食べるという人もいるかな。糖分摂取は疲れた体を癒やす効果があるともいわれているが、スイーツを味わいながらアートも楽しんでみるのはどう? ハーゲンダッツジャパンは、3人のアーティストによる限定パッケージのミニカップ「バニラ」「ストロベリー」「グリーンティー」を11月下旬に発売する。

 アートパッケージはそれぞれの食体験を表現したデザイン。「バニラ」を担当したのはイラストレーターのSHUNTAROTAKEUCHIさん。バニラを栽培する地域の自然とその甘い香りにインスパイアされた作品で、そこで暮らす人々と音楽を奏でたり、友達との会話を楽しんだりしながら、「バニラ」の食べごろを待つ至福のひと時を表現している。「ストロベリー」は、イチゴのフレッシュ感や甘酸っぱさに思わずうっとりとしてしまう姿を表したもの。イラストレーター&アーティストのmaegamimami(マエガミマミ)さんがデザインした。「グリーンティー」はろうけつ染めを行う古屋絵菜さんが手がけた作品。ろうけつ染めとは、蝋(ろう)を使った染色技法のこと。口いっぱいに広がる香りの華やかさや高揚感を舞い散る花びらで描くとともに、抹茶の繊細な味わいを緑色の背景の濃淡で表現している。

 限定アートパッケージはさらに、Instagramを使ったAR(拡張現実)でも遊べるようになっている。パッケージをスマホのカメラにかざすと、各パッケージの世界観に沿った動物が現れ、ふたをキャンバスに見立てて絵を描いていくARが楽しめる。また、インカメラ用のエフェクトとして、アートパッケージのアイスクリーム表面に自分の顔が浮かび上がるARもある。ARカメラエフェクトの公開は11月24日(火)。

 これからは、スイーツ&アートが主流になるかもしれない!?