グルメ

国産和牛を40人にプレゼント JA全農がいい肉の日キャンペーン

国産和牛を40人にプレゼント JA全農がいい肉の日キャンペーン 画像1
JA全農 「11月29日は“いい肉の日”」キャンペーン

 全国農業協同組合連合会(JA全農、東京都千代田区)はこのほど、新型コロナウイルス感染拡大の影響で消費が落ち込む国産和牛の生産者を支援するため、高級和牛をプレゼントするといった「11月29日は“いい肉の日” 」キャンペーンを始めた。

 新型コロナの影響で、外食やインバウンド(訪日外国人客)向けの需要が減少して、落ち込んだ国産和牛消費の喚起が狙いだ。

 高級級和牛プレゼントは、JA全農の食農応援ツイッターアカウントをフォローし、応募用ツイートをリツイートした人が対象。黒毛和牛カタロースすき焼き用や黒毛和牛ロースステーキを抽選で40人にプレゼントする。応募期間は12月3日まで。当選連絡はツイッターのダイレクトメッセージで行う。

 このほか、JA全農が運営するネット通販の産地直送ショッピングモール「JAタウン」で、厳選した和牛を送料無料で販売するキャンペーンも実施する。

 BSテレ東が11月29日午後7時から放送する「2020いい肉の日スペシャル 激アツ★肉番長」にも協力。エンターテインメントの力で「肉」の魅力を伝えようと、実演販売士のボス水野さんが和牛のステーキやすき焼きのおいしさを伝えるCMを放映する。