グルメ

【今日のおかずレシピ】豚肉があって洋食気分なら、ピカタはいかが?

ピカタ

 豚カツ用のお肉があるけれど、洋食の気分、という時に。ピカタ、というイタリア料理は仔牛肉を薄くたたいてソテーし、レモンとケイパーにバターをベースにしたソースで食べるのが基本形だが、日本では入手しやすい豚肉でポークピカタにする人が多い。卵やパルメザンチーズの衣をつけて、トマトソースを添えれば“ミラノ風”に。

【材料】

3人分

· 豚肉(豚カツ用)3枚

· 卵 2個

· パルメザンチーズ 適宜

· 小麦粉 適宜

· トマト缶(もしくは生トマト2個)

· 玉ねぎ 1個

· にんにく ひとかけ

· バジル (飾り用)

· 塩・こしょう

· オリーブオイル

【作り方】

1. 豚肉は肉叩きなどで叩いて薄くし、塩・こしょうして小麦粉をつける。

2. 卵を溶いて、パルメザンチーズを好みの量加え、1にこの衣をつける。

3. 玉ねぎをみじん切りにして、つぶしたにんにくと共にオリーブオイルで炒める。

4. 3にトマト缶(もしくは皮をむいてダイスに切ったトマト)を加えて15分くらい煮込み、塩・こしょうで調味する。

5. フライパンに少し多めのオリーブオイルを熱し、2の豚肉を両面中火で焼く。(竹串を差して赤い汁が出なくなるまで焼く)

6. お皿に4のトマトソースを敷き、5の肉をのせ、バジルなどで飾る。

【余談】

 今回お皿に散らした胡椒(こしょう)は、スリランカ産の塩漬け生胡椒。アパッペマヤジフというお店で売られているが、スパイスとしての味はもちろん、こしょうの香りが立っていてちょっとやみつきになる。調理中に使うというより、食卓に出す直前のトッピングに、オムレツやパスタ、ジャガイモのグラタンなど、シンプルな一皿がぐっと香り高くなって楽しい。