グルメ

「サクマいちごみるく」がコメダ珈琲店とコラボ 50周年記念、「小倉あんみるく」登場

小倉あんみるく

 「あめは、なめるお菓子」という発想を抜け出し、「かんで食べるお菓子」として開発されたサクマ製菓(東京)のキャンディー「サクマいちごみるく」が、50周年を迎えた。当時、子どもたちに人気だったいちごをフレーバーとして採用し、一度食べるとやみつきになる食感と味わいで多くの人たちから愛され続けている。このほど、発売50周年を記念し、コメダ珈琲(こーひー)店(コメダ・名古屋市)とのコラボキャンペーンを3月31日まで開催。コメダ珈琲店プリペイドカード「KOMECA」500円分が抽選で1,200人に当たるインスタントウィンを実施中のほか、コメダ珈琲店との提携商品「小倉あんみるく」を期間限定で発売している。

 対象商品は「いちごみるく83g」、「コメダ珈琲店キャンデー」。キャンペーンページにアクセス、アンケートの回答と対象商品を購入したレシートを登録し、インスタントウィンに挑戦し当たりが出たら、必要事項を記入。抽選で1,200人にKOMECA 500円分が当たる。

いちごみるく

 「小倉あんみるく」(個包装含58g、200円)は、小豆の風味豊かな小倉あんキャンディーでサクサクミルフィーユを包んだこだわりの一粒。外皮のあめは、小豆の甘味がしっかりと出た風味豊かなあんを再現。粉末あんは全て北海道産を使用。センターのみるくクランチと合わさり、小倉あんとみるくの絶妙な相性の良さを味わえる。

 “いちごの王様” 福岡県産あまおうの果汁を使い、いちごの酸味とみるくのハーモニーを楽しめる「いちごみるく 50周年記念パッケージ仕様」は昨年9月から販売中。83g(個包装含、200円)、40g(個包装含、100円)。価格はいずれも税別。

 「サクマいちごみるく・おかげさまで50周年プレゼントキャンペーン」として昨年10月から、いちごみるく購入者から抽選で2,000人に「いちごみるく柄エコバッグ」と50周年記念QUOカード500円分が当たるキャンペーンも3月31日まで実施されている。

イメージキャラクターの本仮屋ユイカ