グルメ

ファミマの冷食から名店の台湾混ぜそば 麺屋こころ監修

main

 名店の本格的な台湾混ぜそばを、自宅で手軽に。ファミリーマートは、オリジナル総菜・冷凍食品ブランド「お母さん食堂」から、台湾まぜそば専門店「麺屋こころ」監修の冷凍食品「麺屋こころ監修 台湾まぜそば」(税込み298円)を、2月23日に全国のファミリーマートで発売した。

 若者を中心に大人気の台湾まぜそばの名店、「麺屋こころ」の看板商品である台湾まぜそばの味を再現。麺は濃厚なたれがしっかりと絡み、もちもち食感で食べ応えのあるストレート太麺を使用。魚粉が効いた濃厚な味がクセになる辛うましょうゆだれが味付けのポイントで、好みで調整できるガーリックパウダーも付いている。炙りチャーシュー、肉みそ、ニラをトッピングし、一食で心もおなかも大満足できる約340gのボリューム。

sub3

 麺を完食した後のたっぷりな濃厚なたれとご飯も相性が抜群で、「麺屋こころ」では、白米と一緒に食べる“追い飯”も人気という。ファミマでは、まぜそばの締めに追い飯ならぬ、ファミマのおむすびを使った“追いむすび”がオススメとのこと。また、卵黄を混ぜたり、酢を加えてまろやかな味わいにしたりなど、自宅ならではの気軽なアレンジも楽しめる。

 麺屋こころ店主・石川琢磨氏は「『麺屋こころ監修 台湾まぜそば』は、東京都大田区大岡山に本店を構える『麺屋こころ』がお客様から最も支持されている台湾まぜそばを、ファミリーマートさんと半年以上の時間を費やして完成させた自慢の一品です。お店で提供される味を忠実に再現した台湾まぜそばをおすすめの“追いむすび”と共にお楽しみください」とのコメントを寄せている。