グルメ

福島県いわき市 奇跡の里芋 「長兵衛」から生まれたアイスクリーム

里芋「長兵衛」アイスクリーム(画像提供:オイシックス・ラ・大地)
里芋「長兵衛」アイスクリーム(画像提供:オイシックス・ラ・大地)

 福島県いわき市産の里芋「長兵衛」を使ったアイスクリームの販売が、食品宅配Oisix(オイシックス・ラ・大地、東京)で2月25日に始まった。

 8代続く農家の白石長利さんの家で代々受け継がれてきた自家採種の里芋「長兵衛」。2011年3月の東日本大震災では放射能汚染による風評被害、2019年は豪雨による水害の被害を受けながら、品種の特性と生命力の強さを強みに現在も種芋が引き継がれ、「奇跡の里芋」と呼ばれている。オイシックス・ラ・大地は、東日本大震災から10年目となる今年も無事に生育した里芋「長兵衛」の美味しさを多くの人に届けようと、クラフトアイスクリームブランドのHiO ICE CREAMと共同で、アイスクリーム「長兵衛里いも&ミルク」を開発した。

生産者白石長利さん(画像提供:オイシックス・ラ・大地)
生産者白石長利さん(画像提供:オイシックス・ラ・大地)

 「長兵衛」をローストして香ばしさを出し、滑らかな食感や風味を生かした味わいのアイスクリームに仕上げた。95ml×4個入り、税込み1,620円。Oisix クラフトマーケットコーナーなどで販売予定。売り切れ次第終了。