グルメ

福島県浪江町のご当地グルメ 極太麺のなみえ焼そばが、ミニストップに登場

トップバリュ なみえ焼そば
トップバリュ なみえ焼そば

 東日本大震災で大きな被害を受けた福島県の浪江町。その地名は震災と原発被害、復興の話題で全国的に知られるようになっているが、そこには有名なご当地グルメの焼きそばがある。ミニストップが、期間限定で浪江町発祥のご当地グルメ「トップバリュ なみえ焼そば」(税別398円)を東北地区(青森、岩手、宮城、福島)限定で発売した。

 通常の3倍もある太い中華麺と濃厚なソースは、浪江町で地元の味として親しまれている「めんの旭屋」のもの。具材は、豚肉とモヤシだけというシンプルさが本場のスタイルだ。約50年前、当時の主要産業である農業・漁業・林業に従事する人々のために、安くて食べ応えがあり腹持ちするものをと考案されたメニューだという。浪江町の郷土料理として「B1グランプリ」でグランプリを受賞したこともあり、知る人ぞ知るご当地グルメだ。