グルメ

北海道産「らいでんメロン」がソフトクリームに ミニストップのメロンソフトシリーズ

北海道らいでんメロンソフト
北海道らいでんメロンソフト

 さまざまなメロンフレーバーのソフトクリームを、1998年以降販売してきたミニストップ。この春、“さわやかな香り・すっきりな甘み”を味わえる「北海道らいでんメロンソフト」(税込み270円)を、3月12日に全国のミニストップで順次発売する。

 これまで「夕張メロンソフト」(2003・2008・2013年)、「マスクメロンソフト」(2016年)、「静岡クラウンメロンソフト」(2018・2020年)を販売してきたミニストップ。今回の「北海道らいでんメロンソフト」は、ひと口目から最後まで芳醇(ほうじゅん)な香りを感じることができ、メロンそのものを食べているような、あふれ出る果汁の「甘~い幸せ感」を表現するようにこだわった自信作。

 “らいでんメロン”は北海道北西部・積丹半島の西側に位置する共和町周辺が産地で、付近の「雷電海岸」がその名の由来。積丹半島を背に羊蹄山やニセコ連峰に抱かれた、日当たりが良く昼夜の寒暖差がある環境で育てられ、果皮が薄く、肉厚で糖度も高いジューシーな味わいや芳醇な香りが特長の赤肉メロン。同ブランドは、光センサーを駆使した国内トップクラスの選果施設で“糖度”“形状”“ネット”を測定、個々のメロンの品質のばらつきを最小限にし、安定した高品質なメロン栽培を実現している。

 「北海道らいでんメロンソフト」は、赤肉メロン特有の甘さや、なめらかな果肉感を再現するため、らいでんメロンピューレを5.0%配合し、真ん中の種に近い果肉部分の甘さの再現にこだわった。同時に発売する「北海道らいでんメロンミックスソフト」(税込み378円)は、ミルク感が特長のソフトクリームバニラとの相性も抜群。