グルメ

ラーメン激戦区吉祥寺に濃厚鶏清湯スープの新しい店 高級食材「鴨ガラ」とブランド鶏「大山鶏」の丸鶏使用

らぁ麺 さわ田

 ラーメン激戦区東京・吉祥寺に、濃厚鶏清湯スープの新しいラーメン店がオープン! B級グルメ研究所(東京)は、15年にわたって愛された「吉祥寺どんぶり」路面店の跡地に、ラーメン専門店「らぁ麺 さわ田」をオープンした。

 同店は、東京・新宿にある名店「らぁ麺 はやし田」がプロデュース。素材へのこだわりに定評のある「はやし田」同様、「さわ田」も高級食材をふんだんに使ったスープで驚きのおいしさを提供する。最大の特徴はスープ。ジビエとして知られる高級食材「鴨ガラ」と、ブランド鶏「大山鶏」の丸鶏をたっぷりと使用。口に含んだ瞬間に、濃厚でフレッシュな鶏の味わいが広がる。肉の甘み、味の厚みを同時に体感できる鶏清湯スープに仕上げた。「らぁ麺 さわ田」の店名には、「清流のようにフレッシュで澄んだ味わいと旨味を届けたい」という思いが込められているという。

左から「醤油らぁ麺」800円、「味玉醤油らぁ麺」900円、「特製醤油らぁ麺」1,000円
左から「醤油らぁ麺」800円、「味玉醤油らぁ麺」900円、「特製醤油らぁ麺」1,000円

 メニューは「醤油(しょうゆ)らぁ麺」(800円)、「味玉醤油らぁ麺」(900円)、「特製醤油らぁ麺」(1,000円)など。高級感のある白木のカウンターと和テイストの店内は性別・年代を問わず入りやすそう。店を構える吉祥寺駅南口のバス通りには、すでに多くのラーメン屋が軒を連ねるが、「らぁ麺 さわ田」は、ジビエの要素を取り入れた鴨ガラの鶏清湯スープで差別化を計っていくという。