グルメ

三島由紀夫や川端康成も愛した麻布十番「銀座キャンドル」 進化系メニュー「銀座バーガー」が登場

銀座バーガー 

 「銀座キャンドル」は1950年(昭和25年)銀座みゆき通りで創業、三島由紀夫や川端康成、美輪明宏さんといった文豪やスターに愛されてきた洋食の歴史的な名店。看板商品の「チキンバスケット」を筆頭に、グラタン、ハンバーグ、オムライス、アップルパイは、TVや雑誌でも「日本一」と称されてきた。特に昭和25年以誕生したチキンバスケットは、「元祖!!世の中で一番美味しいと言われるチキンバスケット」という商品名の通り、創業者が米国基地内のダイナーで見つけたチキンバスケットを日本で初めて提供。美輪さんは「宇宙一」と称賛したという。

 その銀座キャンドルに、このほど新メニュー「銀座バーガー」が登場した。吉野家ホールディングス (東京)が、空きスペースを間貸ししたい人と間借りしたい人を結ぶマッチングサービス「シェアレストラン」(share-restaurant.biz)を利用して開発したメニュー。じっくりと揚げたやわらかチキンバスケットとの味のハーモニーが楽しめる。

 銀座キャンドルの岩本忠店主は、こんなコメントを寄せている。「最近はハンバーガー、チキンタルタルバーガー、海老(えび)カツ、コロッケなどなど、ハンバーガー屋さんみたいなことをやってみたり…洋食屋とは少しずれてきているけれど、一番最初の銀座キャンドルには、ハンバーガーやホットドッグ、パイアラモード等があったようだ。ウチの祖父、岩本正直が米軍基地内のダイナーで目にした『チキンバスケット』という料理を日本で最初に供したのが銀座キャンドルの始まりなので、ハンバーガーやホットドッグがあったってのも当たり前かもしれない。ちなみに1950年当時の銀座キャンドルのテントには『Sandwiches』なんて書いてあったね」。

■銀座キャンドル

・所在地:東京都港区麻布十番3-5-8 エクセルシオール麻布 B1F(Bar & Dining Pertica内)

・営業時間:11時30分~14時LO (売り切れ次第終了)

・定休日:月曜・火曜

・Twiter twitter.com/Ginza_Candle

・instagram https://www.instagram.com/yoshokugrams/