グルメ

ピーター・ルーガー日本初出店! NY発、創業130年の老舗ステーキハウス

東京店 外観イメージとTボーンステーキ”ポーターハウス・ステーキ”
東京店 外観イメージとTボーンステーキ”ポーターハウス・ステーキ”

 アメリカといえば“肉!”を連想する人も多いだろう。ワンダーテーブル(東京)は、ニューヨークで創業130年の老舗ステーキハウス「ピーター・ルーガー・ステーキハウス」初となる東京店を9月にオープンする。ピーター・ルーガーはドライエイジングビーフを世界に広めた名店。

ブルックリン店 外観
ブルックリン店 外観

 看板メニューは、フィレとニューヨークストリップ(サーロイン)の両方が味わえるTボーンステーキ「ポーターハウス・ステーキ」。ステーキは、米国農務省(USDA)によって格付けされた最上級のプライムビーフを使用。ドライエイジング手法によって、うまみや香りが増した肉質が柔らかいステーキを堪能することができるという。

 東京店の3階建てのレンガ外壁は、本店のあるニューヨーク・ブルックリンの要素を取り入れた佇まい。1階にはバーとテイクアウト専門のショップを設置。2階は天井高が6mある開放的なダイニング空間になっている。奥は、ピーター・ルーガーで初となるライブ感のあるオープンキッチン。3階は下の階を見下ろすことができる劇場型のレイアウトにした。

「Peter Luger Steak House Tokyo」

東京都渋谷区恵比寿4-19-19 Peter Luger Steak House Tokyo
席数:全241席(個室計7室)
平均客単価:ランチ8,000円、ディナー18,000円