グルメ

そのまま飲んでもおいしい うまみ・栄養がぎゅっと詰まった“だし”粉末

まるごとだし粉「魚介だし」

 料理の味わいを深める“だし”は、はるか昔の7世紀から親しまれてきているという。何かと忙しい現代、日本で“だし離れ”傾向もあるようだが、ひとさじで本格的な料理を実現してくれる“だし粉末”が便利だ。このほど、「まるごとだし粉」が、自然派食品ストア「タマチャンショップ」(九南サービス・宮崎県都城市)から登場した。

 厳選した国産100%の食材をまるごと粉末化し、うまみと栄養を閉じ込めた。「魚介だし」「鶏だし」「野菜だし」の3種類で、和洋中の料理に活躍する。だしは、うまみ成分のアミノ酸をはじめ、たんぱく質やビタミン、ミネラルも豊富という。海外でもだしのうまみや味わい深さに魅了される人が増え、店だけでなく家庭にも日本のだしが浸透し始めているそうだ。

 だしを取る作業に対しては「面倒くさい」「だしを取った後の出し殻がもったいない」というイメージも持たれがちだが、粉末なので出し殻もなく、好みの分量だけスープにしてそのまま、炒め物に、あえ物にと手軽に使える。こだわり素材の“だし”生活、始めてみる?

 「魚介だし」と「鶏だし」は150g、「野菜だし」は100g。いずれも税込み1,580円。