グルメ

そちらの地元フラペチーノは何? スタバが都道府県別に47種類

地元のパートナーが、地元のお客様への想いをこめて考案した47通りの「47JIMOTO フラペチーノ®」
地元のパートナーが、地元のお客様への想いをこめて考案した47通りの「47JIMOTO フラペチーノ®」

 ご当地ものにもいろいろあるが、こちらはフラペチーノ。スターバックス日本上陸25周年を記念して、「47JIMOTOフラペチーノ®」が6月30日から全国で一斉に発売される(スターバックスコーヒージャパン・東京)。各地のこだわりと個性が詰まった47通りのフラペチーノをそれぞれの都道府県店舗で楽しめる。

 1996年、東京・銀座に1号店が出店したスタバ。その後47都道府県に出店数が広がり、現在全国に約1,600店舗がある。今回は、都道府県ごとに地元のパートナーがアイデアを出し合い商品化。地域を象徴する山や川などの雄大な自然に見立てたものや、地域ならではの食文化にインスピレーションを受けたもの、また、地域の特産品に着目したものなど、見た目、味わい、商品名を地域ならではの視点で考え抜いたという。Tallサイズで税別620円。