グルメ

梅の新しいカタチ 切って巻いて楽しめる「紀州梅肉シート」

main

 シート状の梅味のお菓子はあっても、ご飯と一緒に食べる梅肉シートはなかなか無かったのでは!? 創業100年以上の老舗梅干し屋、紀州梅本舗(和歌山県白浜町)が、食べておいしく、見ても楽しく色鮮やかな料理に役立つ「紀州梅肉シート 梅包み」を開発。クラウドファンディング「Makuake」で先行販売を行っている。

 SNSで多数の料理写真をしている人や梅干しが好きな人たちから「梅アンバサダー」を選定し、アイデアを得て誕生した商品。ご飯に巻くだけで食卓の一端を飾ったり、お弁当に入れたり、手間なく色鮮やかな料理を演出できる。梅そのものの色合いの「赤」と無着色の「白」の2色展開。塩気を落とし、絶妙な甘さと酸味で、そのまま食べてもおいしいだけでなく、料理で他の味と調和が取れることを目指した。そのまま巻いても、切っても使いやすい12.6cm×20cmサイズ。巻きノリより一回り小さく、扱いやすい厚さにした。

そのまま巻いても使える!切っても使える!12.6cm×20cmサイズ!
そのまま巻いても使える!切っても使える!12.6cm×20cmサイズ!

sub2

 makuake限定で、紀州梅肉シート梅包み 紅白セット×3セットが10%オフで税込み1,620円。5セットが15%オフの同2,550円、10セットが20%オフの同4,800円。また、10セットに「食べるシャキシャキ梅 紀州うめノほし」2セット、「SPICY梅SAUCE」と「SPICYしそSAUCE」が各2本入った「紀州梅本舗たっぷりお楽しみセット」が15%オフの同12,000円で購入できる。梅風味を生かした普段の料理の幅を広げるのはもちろん、お祝い料理の彩り、味のアクセントとしても活躍しそうだ。