グルメ

“ハギレ”をおいしくご飯に乗せて 国産本カツオ漬け丼

【豊洲目利き人厳選】国産本カツオ漬け丼
【豊洲目利き人厳選】国産本カツオ漬け丼

 食べられるのに、見栄えや重量合わせのために切り落とされてしまうカツオの“ハギレ”は、寿司店などの店舗に納品する際に綺麗な柵(さく)にしたりする際に切り落とされた部分だ。規格品よりもちろん安いが、姿形や重量がバラバラで、加工するには手間もかかる。そんなハギレをおいしく食べてもらえるようにと、オイシックス・ラ・大地(東京)から「【豊洲目利き人厳選】国産本カツオ漬け丼」が発売された。

(アレンジ例)お茶漬け
(アレンジ例)お茶漬け

 使用されているのは焼津漁港で水揚げされた新鮮な国産本カツオ。お刺身を同じ形、同じ色、同じ品質にいつでも買えるのが当たり前の現状、どうしても出てきてしまう半端な部分だが、おいしさには変わりはない。漁場で直接買い付けた魚を、中間流通を通さず鮮度の高い状態で届けてくれるから家庭でもおいしく手軽に食べられる。タレに漬けられた状態で届くので、解凍するだけでOK! 温かいご飯に盛り付けるだけでおいしいカツオの漬け丼が完成。一人前が税込み498円。9月16日までの期間限定販売なのでお早めに!