グルメ

お酒が売れない酒蔵の奮闘 自然原料だけを使用したクラフトジンジャーエール

こはるジンジャー
こはるジンジャー

 長引くコロナ禍で大打撃を受けている酒蔵。お酒が売れないなら、と奮闘した岩手県の老舗酒蔵「世嬉の一酒造」(岩手県一関市)が、ノンアルコール飲料のクラフトジンジャーエール「KOHARU GINGER(こはるジンジャー)」を開発、9月15日に発売する。

img_274556_2

 清酒やクラフトビールの飲食店への出荷が落ち、運営する郷土料理レストランも大打撃を受ける中、新しい商品開発で活路を見出す試み。自然原料だけを使用し、砂糖も一切使わずに醸造した炭酸飲料。甘みの主原料は地元で育つ「小春二条大麦」だ。ショウガはもちろん、カルダモン、黒コショウなどの香辛料も使っている。1本税込み495円。