グルメ

余らせるのをやめました 賞味期限近いスープをネットで販売

main

 食品廃棄は大きな問題だが、飲食店ではどんなに努力しても売れ残りゼロは難しい。そこで、スープストックトーキョー(東京)は9月20日から、賞味期限が近づいてきた冷凍スープをアウトレットセットとして公式オンラインショップで販売することにした

 近年、廃棄食品への対策はあちこちで進んでいる。フランスでは、スーパーでの食料廃棄を禁止する法律が出来、デンマークでは賞味期限切れ食品専門スーパーがオープンした。ドイツでも、食べきれない料理を他の人とシェアするフードシェアリングの運動が盛り上がっている。日本でもこのコロナ禍で、オンラインでの取り組みが目立ってきた。

 スープストックでも数年前から不定期でアウトレットセットの販売をスタート。賞味期限が近いとはいえ、まだ1カ月以上はある商品を、原材料や輸送費など最低限の料金におさえて販売。努力しても余ってしまう商品を、もう一度消費者に届ける努力で廃棄を減らしていく。15スープセット 6,750円(税・送料込み)